【海外で作るカンタン日本食】唐揚げみんな大好き、からあげの作り方



海外(オーストラリア)で作る人気日本食レシピ「からあげ」

 

オージー(オーストラリア人)にも人気です。

唐揚、揚物さえ作れば、オージー大満足なご家庭もあります。
持ち寄りパーティーでもウケると思います。

日本で、唐揚は手抜き?論争がありましたが

手抜き論争冷凍ギョーザ→【からあげは手抜き!?】全国ネットで叩かれる男性 次の煽りは?

勝手にレシピを続けたいと思います・・・💦



唐揚げ 材料

材料

 

7つの材料を用意しましょう。

  • 鶏もも肉
  • しょうゆ (小さじ1)
  • 塩・こしょう (適量)
  • にんにく (小さじ1。お好みで加減してください。私はたっぷり入れます。)
  • マヨネーズ (大さじ2)
  • 小麦粉または片栗
    (カリっと固めに仕上げたい場合は、片栗粉。小麦粉は、オーストラリアによくあるSelf raising flourを使っても美味しくできます。)
  • サラダ油

これらの材料は、すべてオーストラリアで手に入ります。

 

鶏もも肉

鶏もも肉は英語で「Chicken Thigh Fillet」
鶏もも肉は、軟らかくジューシーで美味しいのでおススメ。

その他の鶏肉部位名、

胸肉 Breast
手羽先 Wing
手羽元 Drum stick

英語圏で料理をする場合は、覚えておくといいですね。

安い鶏もも肉は、骨付き肉の場合もあります。 

しょうゆ マヨネーズ

日本の調味料は、普通のスーパー(Woolworths/ウールワースやColes/コールス)、アジアンショップなどで買えます。

オーストラリアのスーパー
オーストラリア スーパー

マヨネーズは、黄色・緑・オレンジと3種類あったりするのが面白いでしょ!?

今回は、普通によく使う?黄色のマヨネーズを使っています。

最近、ゆずマヨネーズというものも出てきました。

片栗粉(ポテトスターチ)

片栗粉は、英語でPOTATO STARCH(ポテトスターチ)です。こちらも、オーストラリアのスーパー、WoolworthsやColesで買う事ができます。

コーンスターチ(とうもろこしのでんぷん)でもOK。片栗粉よりも粒の粒子が細かいので衣が薄くつきます。油切れもいいですよ~。

ポテトスターチ
ポテトスターチ

オーストラリアのスーパーでよく見かけるのがこの2つの小麦粉

Plain flour  普通の小麦粉。
Self raising flour 小麦粉にふくらし粉が加えられているもの。

重曹(Baking soda)がはいっている Self raising flour でも美味しくかりっと仕上がります。

唐揚げ レシピ(作り方)

作り方
① 鶏もも肉を一口大に切り、フォークでザクザク刺します。
  味が染み込みやすく熱が均等に入ることで
  肉が硬くなる事がなく焼き縮みも防げます。

② ①の鶏もも肉と調味料(小麦粉(または片栗粉)以外のもの全部)を
  袋に入れて揉みこむ。
  しばらく置くと(10〜15分)味がしみこみ、よりやわらかくなります。

③ ②に小麦粉または片栗粉をまぶす。
  汁が残っている場合は汁をきってから、粉をまぶす。(1回目)
  5分程度おいて粉に汁を吸わせ、再び粉をまぶす。(2回目)
  2回に分けてしっかり衣をつけます。

④ 160℃の油で揚げる(3分間)1回目。
  揚げてから5分置いてじっくり火を通す。

⑤ 190℃で2回目揚げる。(1~2分)



調味料を袋に入れて揉みこむだけ
調味料を袋に入れて揉みこむだけ


ポイント
 
160℃:菜箸を入れたら細かい泡が出る。
190℃:菜箸を入れたらぶくぶくと大きな泡が勢いよく出る。

  2度揚げる事によって、ふっくらジューシーカリカリ食感になります。

2度揚げがポイントです。
1度目の揚げで鶏肉にゆっくりと火を通します。

さいごに

唐揚げが、残ったらお弁当にどうぞ。

唐揚げは、たくさん揚げて冷凍保存しておけば、
お弁当のおかずやリメイクおかずに使えて便利ですね。

また、温め直しで食べる際には、ノンフライヤー(150℃。約5分)に入れると出来立てのカリカリになります。
余分な油も落ちるので、ヘルシーです。

ノンフライヤーは、揚げ物の温め直しに最適。



あわせて読みたい

【海外で作る日本食】スーパー食材で作る、しめニシン寿司

【海外(オーストラリア)】で刺身を買ってみました。

【はさんで焼くだけ】簡単ホットサンドウィッチ。ジャッフルメーカーで作るジャッフルトースト。

【海外で日本食】焼魚が恋しくなったらキッパーへリング

チキンの丸焼き(丸鶏)【ローストチキン】オーブン要らず