【Tabboule 】クスクスとイタリアンパセリを使ったフランス人お気に入りのタブレサラダ

タブーレサラダ
タブーレサラダ


先日、人参まるごと蒸しを作って、
飾りのイタリアンパセリが大量に残ってしまいました。

さて、どうしよう。

タブレを食べれ

イタリアンパセリ
イタリアンパセリ


イタリアンパセリ($3:約291円)を使って、
(1ドル≒97円。2023年6月20日現在。)

フランスの国民食「タブーレ」を作ってみることにします。

世界一小さなパスタ「クスクス」を使った、サラダ感覚で食べられる料理です。

クスクス
クスクス $3(291円)


クスクスサラダは、野菜がたくさん摂れて彩りもよく、
オーストラリアのスーパーマーケットなどでもよく売られています。

家で作ると新鮮で安く美味しくできあがりますよ。

クスクスサラダ(タブーレ)

タブーレサラダ
タブーレサラダ

材料

・クスクス:1/2カップ
・お湯:1/2カップ弱
・オリーブオイル 適量
・塩・こしょう 適量
・レモン汁 適量

水分の出る野菜を使う時は、お湯少な目な感じで。

クスクスは、お湯をそそぐだけで簡単にできる世界最小のパスタです。

【野菜】

イタリアンパセリ
イタリアンパセリ

・イタリアンパセリ:1束
・トマト:1個
・きゅうり:1/2本
・玉ねぎ:1/2個 

野菜は、イタリアンパセリだけでもいいです。

イタリアンパセリだけを食べると
ちょっとクセがありすぎて食べにくいかもしれませんが、
クスクスとあえたサラダにすればさっぱりと美味しくいただけます。

彩りを考えるなら、トマトやレッドオニオンを使うと見た目が良くなりますね。

今回は、トマトが高いので(オーストラリアは今トマトが高い!)パプリカを使いました。

レッドオニオンは、普通のオニオン(玉ねぎ)に比べまろやかで、生でも食べやすいです。今回は、普通の玉ねぎを使用しています。それでも美味しい~。

作り方

① 乾燥クスクスに塩・こしょう・オリーブオイルで味付けし混ぜます。
(先に味付けしてから戻す方がおいしくなります。)

②クスクスと同量(少し控えめ)のお湯を入れます。
(水分の多い野菜を使う時には、気持ちお湯を控えめに。)

③ フタをして10分蒸らします。
(タッパー型保存容器を使いました。)

④ クスクスのできあがり。

 
クスクスのできあがり
クスクスのできあがり

【野菜】


イタリアンパセリは葉先をちぎり、茎と大きい葉は粗みじんにします。

野菜を添える
野菜を添える

他の野菜も

・たまねぎ 角切り
・パプリカ 角切り
・きゅうり 角切り

味付けは、レモン汁と塩こしょう、オリーブオイルでシンプルに味付けするだけです。これがまた美味しいんです。

さいごに

クスクスのつぶつぶした食感と野菜の歯ごたえがとても楽しい1皿です。
イタリアンパセリの風味と酸味のあるドレッシングがマッチして爽やかな味わいになります。

レモンを絞って、塩胡椒、オリーブオイルで味付けするだけ。

爽やかなハーブの風味とサッパリとした味わいが、クセになりますよ。

簡単にできるフランス人お気に入りのサラダ、今日の食事にどうでしょう~。



あわせて読みたい

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました