【海外で作る和食】いんげんのピーナツバター胡麻和えレシピ

いんげんのピーナツバター胡麻和え
いんげんのピーナツバター胡麻和え



ピーナツバターを使った胡麻和えを作ってみました。



用意するもの

  • いんげん 200g
  • ピーナツバター(無塩・無糖)50g 
  • めんつゆ 15cc(ml)
  • メープルシロップ 10cc(ml)
  • みりん 5cc(ml)
  • ゴマ油 適宜
  • いりごま 適宜
  •  適宜

ピーナツバターは、無塩・無糖の
砕いたピーナツが入ったクランチタイプのものを使っています。

ピーナツバター
ピーナツバター
ウォンバットさん
サンドウィッチでよく食べてるよ。

作り方

  1. 調味料を作る。
  2. いんげんを茹でる。
  3. いんげんと調味料を和える。
調味料を作る


ピーナツバターにめんつゆ、メープルシロップ、みりん、ゴマ油を入れてよく混ぜる。

メープルシロップの代わりに砂糖でもOK。

調味料を作る
調味料を作る
ピーナツバターが固い場合、電子レンジで少し温めると混ぜやすくなります。 
FFR
液体で味が馴染みやすいと思ったので、家にあったメープルシロップを使いました。

次にいんげん。

いんげん
いんげん


いんげんを茹でる


いんげんはヘタを切り落とし、3~4cmの長さに切ります。
鍋にお湯を沸かして、塩を入れます。(水1Lに対して塩10g)


塩を入れないと水っぽいゆであがりになってしまいます。


2分ほど茹で、ざるにあげ、
氷水で急冷するか、冷水で冷まします。


キッチンペーパーで水気をふき取り
食べる前に調味料に和え、ゴマをふって完成。

いんげんのピーナツバター胡麻和え
いんげんのピーナツバター胡麻和え
FFR
ピーナツも入って美味しい。

さいごに

いんげんは、オーストラリアで安く手に入ります。

400g、3ドル(約252円)でした。
1ドル84円計算。2021年5月19日現在。

海外でも現地食材を工夫をすれば美味しい和食になります。

今回はピーナツバターを使いましたが、
中東料理でよく使われるゴマペーストのタヒニでも美味しく出来上がります。

いんげん独自の歯ごたえとピーナツバターのコクと広がるゴマの香りは、
毎日食べても飽きない味です。

海外でピーナツバターサンドイッチに飽きたら、簡単にできる和食もどうぞ~。



あわせて読みたい

【パースニップ】Parsnipで作る金平(きんぴら)

【海外で和食】焼かない塩サバ発見!匂わない、後片づけもラクラク。

海外で作る簡単【豚肉のしょうが焼き】 袋に入れて焼くだけレシピ

【海外で作る和食】えびと豆腐とブロッコリーニのあんかけ

【海外で作るカンタン日本食】唐揚げみんな大好き、からあげの作り方