【シドニーでステーキ】地元民に愛される人気の老舗ステーキハウス

Kingsleys Steakhouse(キングスレイズ ステーキハウス)
Kingsleys Steakhouse(キングスレイズ ステーキハウス)
PVアクセスランキング にほんブログ村


オーストラリアに来たら、とりあえず本場のオージービーフを食べてみたいですよね。
シドニーで地元の人にも人気な絶品ステーキをどうぞ。



Kingsleys Steakhouse(キングスレイズ ステーキハウス)

Kingsleys Steakhouse(キングスレイズ ステーキハウス)
Kingsleys Steakhouse(キングスレイズ ステーキハウス)


コロナ禍で潰れるお店も多い中、
ここは昔から人気で、今でも健在する人気店です。

日本のガイドブックにのることはあまりないですが、
知る人ぞ知るオージービーフを食べたいならココでしょう!的な、地元民から愛される隠れ家的ステーキハウスです。

お値段も良心的なんです。


[voice icon=”https://fromau.net/wp/wp-content/uploads/2021/08/28.jpg” name=”FFR” type=”l”]ガイドブックやツアーで紹介されないのは、コミッションの関係なのかな?[/voice]

場所


29A KING STREET SYDNEY



シドニーシティ中心部にあります。

カジュアルな雰囲気で、店内はパブのようなにぎやかさ。

人気店なので、予約して行くのがベスト。

オーストラリアステーキを食べるならここで決まりでしょう!

パブのようなにぎやかな雰囲気です。

1人で食べに来ていても、気にせず入れます。

飲み物

まず最初に、飲み物を。

スパークリングワインにしました。

Sparkling Wine (Piccolo 200mls)
NV Pauletts Polish Hill Sparkling Brut Adelaide, SA $16
Sparkling Wine (Piccolo 200mls)
NV Pauletts Polish Hill Sparkling Brut Adelaide, SA $16

Sparkling Wine (Piccolo 200mls)NV Pauletts Polish Hill Sparkling Brut Adelaide, SA $16(約1472円)

(1ドル=約92円計算。2022年3月26日現在)

タップウォーターは無料。

前菜

Sydney Rock Oysters
Sydney Rock Oysters

前菜はシドニーロックオイスターにしました。

Sydney Rock Oysters
Natural | Kilpatrick | Wasabi Lime Dressingから選べます。

1/2 DOZ   $28(約2576円)
(1ドル=約92円計算。2022年3月26日現在)


シドニーロックオイスターは、濃厚で美味しいんですよ。

メイン

Havericks Dry Aged Beef - NSW
Dry Aged Rib on Bone Pasture Fed 400g $78
Havericks Dry Aged Beef – NSW
Dry Aged Rib on Bone Pasture Fed 400g $78

Havericks Dry Aged Beef – NSW
Dry Aged Rib on Bone Pasture Fed 400g $78(約7176円)
(1ドル=約92円計算。2022年3月26日現在)

[aside]Dry Aged・・・乾燥熟成された牛肉。 [/aside]

牛肉は熟成されることにより、酵素の働きで肉質が柔らかくなります。

Riverina Pasture Fed Beef - Wagga Wagga, NSW
Eye Fillet YG 200g $48
Riverina Pasture Fed Beef – Wagga Wagga, NSW
Eye Fillet YG 200g $48

Riverina Pasture Fed Beef – Wagga Wagga, NSW
Eye Fillet YG 200g $48(約4416円)
(1ドル=約92円計算。2022年3月26日現在)

Riverina Pasture Fed Beef – Wagga Wagga, NSW Eye Fillet YG 200gの方が、私好みの味でした。

ステーキには、ポテト(マッシュ、グリル)かサラダが付きます。

[aside]YG・・・Yearling Beef。オーストラリア独自の分類で、月齢18か月以下の仔牛。 [/aside]

デザート

Warm chocolate , Candied Almonds, Vanilla Ice Cream 16.00
Warm chocolate , Candied Almonds, Vanilla Ice Cream $16.00

Warm chocolate , Candied Almonds, Vanilla Ice Cream $16.00(約1472円)
(1ドル=約92円計算。2022年3月26日現在)

誕生日ケーキに使っている人がいたので、同じものをチョイス(笑)。

甘さ控えめな温かいチョコレートスフレに冷たいアイスクリームが合います。

Liqueur Affogato, Espresso, Vanilla Bean Ice-Cream & Liqueur of Choice 18.00
Liqueur Affogato, Espresso, Vanilla Bean Ice-Cream & Liqueur of Choice $18.00

Liqueur Affogato, Espresso, Vanilla Bean Ice-Cream & Liqueur of Choice $18.00(約1656円)
(1ドル=約92円計算。2022年3月26日現在)リキュール付きも選べます。

当然リキュール付きにしました。

Flat White
Flat White

コーヒーには、コーヒー豆の入ったチョコレートが付いてきました。

このコーヒー豆にチョコレートコーティングされたものは、ロックスマーケット発祥で人気となりました。

[voice icon=”https://fromau.net/wp/wp-content/uploads/2021/08/28.jpg” name=”FFR” type=”l”]美味し~。[/voice]

エンターテイメントブックを使ったので25%オフでした。


[kanren postid=”22752″]

ちょっと食べすぎてしまいました。

牛肉の主な部位



[aside type=”boader”]

Neck(ネック)・・・赤身の多い部位。角切りにして煮込み料理などにおすすめ。
Chuck(かた)・・・脂の少ない赤身の部位。スープなどの料理におすすめ。
Chuck Roll(かたロース) ・・・適度な脂と味わいがある部位。すき焼きや焼肉などの薄切りで使用されています。
Rib (リブロース)・・・きめ細かく肉の味が味わえる部位。ローストビーフやステーキに使われています。
Sirloin (サーロイン)・・・やわらかく、肉質の良い部位。ステーキに最適。
Fillet (ヒレ)・・・やわらかく脂が少ない。カツやステーキに適した部位。
Brisket(バラ)・・・赤身と脂がほどよくあります。シチューや焼肉に使われます。
Topside (モモ)・・・脂が少ない部位。
Shin (スネ)・・・スジの多い部位。煮込むとやわらかくなります。カレーなどの煮込み料理に。
Rump(ランプ)・・・やわらかい赤身の部位。あらゆる料理に利用できます。
Silverside (そともも)・・・脂が少なく、やや硬めの部位。薄切りで炒め物に合います。

Yearling ・・・若齢牛

[/aside]

マーブリングスコア(Marbling Score)





Wagyu は、マーブリングスコアという霜降り具合の数値によって、ランク分けされています。
マーブリングスコア(Marbling Score)の数値(1~ 9)が高いほど、霜降りの状態が良い(最高値は 9)とされています。

オーストラリアで飼育されている 主な牛の種類

Angus(アンガス)

スコットランド原産の牛。やわらかい肉質が特徴で、その肉質のために
大量の穀物を飼料としています。

牛の食べ物によって分けられます。

Grain fed beef …穀物肥育牛
Grass fed beef …牧草肥育牛

Hereford(ヘレフォード)


イングランド原産の牛。
丈夫で飼育しやすく、オーストラリアの中部や北部での飼育が盛んです。

Murray Grey(マリーグレー)


オーストラリアでスコットランド原産のショートホーンと
アンガス種を交雑してできた牛。

成長が速く、飼育効率が良いことが特徴。

Brahman(ブラーマン)


コブウシとタウリン牛の交雑種の家畜用肉牛。気候的に暑さの厳しい場所でもよく育ち、病気になりにくい強い体の牛。オーストラリア北部の熱帯地域で多く飼育されています。

Dry Aged 

乾燥熟成された牛肉。

乾燥熟成肉(かんそう じゅくせい にく)は、食肉を調理前にある程度の期間保存することで、食味や食感を変化させた食品。

WAGYU

オーストラリアの Wagyu には、

【フルブラッド(Fullblood)】… 和牛の血が 100%の牛。
【クロスブレッド(Crossbred)】… 和牛の血が 50%以上の牛。飼育方法の違う他の種類の牛の血も入った牛。

和牛の血のパーセンテージでランクが分かれます。

和牛の血の割合が50%のものが一番低いものとなります。
それ以上は、 Wagyu と位置づけられています。

現在オーストラリアは日本に次いで世界第 2 位の Wagyu 産業国となりました。また、輸出に関しては世界第1位となり、大きな産業に発展しています。参照:Australian Wagyu Association Ltd(豪州和牛協会)


 



肉の焼き加減

[voice icon=”https://fromau.net/wp/wp-content/uploads/2021/08/1.jpg” name=”店員さん” type=”l”]How would you like your steak?[/voice]

肉の焼き加減はどうしますか?

と聞かれますのでお好みの焼き方を伝えましょう。




肉の焼き加減

[aside type=”boader”]

RAW・・・生肉
BLUE ・・・ほとんど生。表面だけを軽く焼く。
Blue Rare・・・表面を10秒焼いた状態。中身は生。
RARE ・・・肉の表面を強火で焼き、中は血が出るほどのほとんど生
MEDIUM RARE・・・レアとミディアムの中間。
MEDIUM ・・・肉の中心部に赤みが残るほんのりピンク。
MEDIUM WELL ・・・ミディアムよりさらに焼いた状態
Well・・・全体に火が通った状態
WELL DONE ・・・肉の内部に赤みが残らないよく焼いた状態。

[/aside]


[voice icon=”https://fromau.net/wp/wp-content/uploads/2021/08/28.jpg” name=”FFR” type=”l”]私はいつもMEDIUM RARE(ミディアムレア)。[/voice]

Kingsleys Steakhouse(キングスレイズ ステーキハウス)では、
焼き加減も完璧でした。

さいごに

オーストラリア シドニーで、とりあえず美味しいオーストラリアビーフを食べたい方におススメのお店です。もちろん、パブやスーパーのお肉も美味しいものもありますが、このお店のお肉はハズレがありません。日本に比べて安く美味しいステーキを思う存分味わうことができます。

肉の種類の食べ比べをしてみるのもいいでしょう。

オーストラリア人には、脂の多い肉はあまり良くないといった見方がありますが
WAGYUは高級ブランドとして位置づけられています。

WAGYU には、脂の旨みがあり、脂と赤身が良い味を作り出しています。
オージービーフとは、また違った魅力がありますね。

オーストラリアに来たらぜひ、オージービーフだけでなく
オーストラリア産WAGYUもお試しあれ。





あわせて読みたい

[kanren2 postid=”25021″]

[kanren2 postid=”12983″]

[kanren2 postid=”70″]

[kanren2 postid=”59″]

[kanren2 postid=”1964″]

タイトルとURLをコピーしました