オーストラリアの大さじ1、小さじ1、1カップ、少々、ひとつまみ、ひとにぎり

オーストラリアの大さじ1
FFR
オーストラリアと日本は、調理器具のサイズが違うので私用メモです。

日本 サイズ

大さじ1=15 ml

小さじ1=5 ml

1カップ=200 ml

少々=親指、人差し指の2本の指でつまんだ量(小さじ1/8)

1つまみ=親指、人さし指、中指の3本の指でつまんだ量(小さじ1/4)

ひとにぎり=片手で軽く握った量(大さじ2)

適量=好みで量を加減

適宜(てきぎ)=味をみて、必要があれば入れる

オーストラリアの大さじ1
オーストラリアの大さじ1

野菜はだいたい、目ばかり、手ばかりではかっていましたが、きゅうりにしてもピーマンにしても大きさがオーストラリアと日本では違うので、感覚をつかんでおかないといけません。

オーストラリア サイズ

Tablespoon(tbsp)=20 ml

Teaspoon (tsp)=5 ml

1 OZ(オンス)=30 ml

1 cup= 250ml

英語圏でもアメリカ、イギリス、オーストラリアと計量が違います。レシピ本を見る時は、どこの国のレシピが要注意です。

カモメ さん
めんどくさっ


ひさびさに料理しようと思って、
日本のレシピ本を見て作ってたらオーストラリアサイズと間違えそうになりました。


たまには家で作ろうと思います。
得意でもない料理が、ますます下手になっていく・・・。

あわせて読みたい

【海外で作るカンタン日本食】唐揚げみんな大好き、からあげの作り方