【オーストラリア】の厳しい検疫

QF26 機内食
QF26 機内食

QF26 カンタス航空 ビジネスクラス(羽田/シドニー)機内食

メニューにたけのこご飯とありました。
でも、そんなものどこにもないし・・・。
もしかして、竹皮ご飯の間違いなのでしょうか?(笑)

竹皮ご飯

竹皮ご飯というと時代劇に出てきそうなイメージですが、竹皮は現代でも使える優秀な素材なのです。

・天然素材の竹の香りが、ご飯をより一層美味しく引き立ててくれる。
・ラップをしても蒸気がこもらないのでご飯も汗をかかず濡れない。
・冷めたら電子レンジにそのまま入れて温められる。
・使った竹皮は、また洗って再利用。

とコスパ抜群。

竹皮で思い出しましたが、

検疫


オーストラリアの検疫は非常に厳しいです。
竹などの植物やその一部を使った品物も申告しなければなりません。


食品、植物、動物製品、土の付いていそうなもの(ゴルフ用品、自転車・・・)などなど。入国カードに必ず該当する欄YESに☑チェックを入れてください。
申告をしなかったり、虚偽の申告を行った場合、法律違反で捕まる場合があります。

私は日本のお菓子や食品などのお土産は、必ず申告しています。綺麗な包装紙も破られて中身を確認されたこともありました(;_;)


持ち込んだ物が検疫対象となるか分からない場合は、とりあえず申告しましょう。

検査の仕方

検査の仕方も様々で、


・荷物をX線検査に入れる
・1列に並ばせられ、犬が持ち込めない荷物を見つける
・検査官が1人ずつ荷物を確認
・口頭質問のみ


どのレーンに行くか、検疫官が指示します。


たまにボーダーセキュリティーという人気テレビ番組の撮影をしていることもあります。入国審査の手荷物検査の様子をテレビ番組で流すのです。


その場合、テレビに映りたくない人は言ってくださいと看板が書かれていました。テレビでモザイクがかかった人が出るのはその理由なのでしょう。


絶対、出たくないわ~( ;∀;)

さいごに

オーストラリアの検疫は厳しいですが、

それは、オーストラリア固有の動植物の保護や環境を守るためなのです。


私は過去に、のりたまふりかけ、六花亭のストロベリーチョコ、カップラーメンなどを没収されたので、日本食をオーストラリアに持ち込むことはなくなりました。今は入国カードに書かれている品目以外は申告しなくてもいいとされていますが、よく分からない場合は申告しておきましょう。

正しく申告しないと罰金や厳しく罰せられます。

オーストラリア入国の際には十分気を付けてくださいね。