【トリスハイボール 作り方】キャンペーンでもらったアンクルトリスグラスでハイボール

トリス オリジナルタンブラー付き
トリス オリジナルタンブラー付き


ウイスキーといえば、
「ウイスキーがお好きでしょ~♪もう少ししゃべりましょう~♪」の
角ハイボールCMソングが脳内で流れる私です。



トリスウイスキーにアンクルトリスのオリジナルタンブラーが付いていたので、
買ってみました。



PVアクセスランキング にほんブログ村

トリスウイスキー





トリスウイスキーは、
サントリーホールディングス株式会社から販売しているウイスキーです。

日本最安レベルのウイスキーで税込1本700円(700ml)程度。
1946年の戦後間もない時に発売された日本生まれのトリスです。

当時のトリスは、ウイスキー原酒5%、残り95%は安価なアルコールを使用していて
ウイスキーを極限まで薄めたお酒として販売されていました。

それでも、危険なメチルアルコールなども出回る中、
密造酒に比べたらまだマシなお酒ということで大衆人気を得ます。

トリス=まずい酒
と思っている年配の人もいると思います。

現在では改良を重ね、炭酸水で割った「ハイボール」で飲むことを提案するなど、
美味しくて安価、正真正銘のウイスキーとなって人気となっています。

トリスはウイスキー初心者に飲みやすく
日本にウイスキー文化を浸透させたと言ってもいいでしょう。

ただ、ウイスキーの奥深い味わいや複雑な風味を楽しみたい方には向きません。
香りはほとんどなく水に薄めたような薄い味がして甘いです。

2023年1月現在は、瓶のトリス<クラシック>、トリス<エクストラ>、
缶のトリスハイボール缶を主軸に展開。

また、季節に合わせた限定商品も販売されています。

おじさんのイラスト(アンクルトリス(英: Uncle Torys))は、
サントリーのトリスウイスキーの広告キャラクター。

トリス classic
トリス classic

トリスハイボール





ハイボール(Highball) ・・・ウイスキーをソーダ水で割ったもの。

トリスはハイボールにすると美味しいです。
味は甘みが中心で、アルコールの刺激はほとんどなく飲みやすく、
トリスハイボール缶は、その他の数あるハイボール缶の中で一番好きですね。

飲み会の定番ドリンクのハイボール。
「とりあえず生!」のあとのハイボール。
アツアツ唐揚げにハイボール。

など、飲み方はいろいろ。

トリスハイボールの作り方

トリスハイボールのつくり方だゾ!
トリスハイボールのつくり方だゾ!

おいしい!トリスハイボールの作り方だゾ!

トリスウイスキーを買ったら、
タンブラーパッケージに美味しいトリスハイボールの作り方が書いてありました。

今日も笑って終わりましょ。がいいですね。


おいしい!トリスハイボールの作り方

 

  1. 氷はグラスに山盛り
  2. トリスとソーダは1:3
  3. ソーダはそーっと氷にあてないように
  4. 軽くひと回しでできあがり
もらったグラスでトリスハイボール
もらったグラスでトリスハイボール

レモンなどの柑橘類を少しだけ絞っていれると、
一層香りが引き立って飲み心地もよくなります。



さいごに

トリスはウイスキー初心者に良いと思います。

ウイスキーは、出世酒と呼ばれるように、
トリス→レッド→ホワイト→膳→角→オールド→座→リザーブ→ローヤルと
順番に飲んで味わっていくのがいいのかもしれません。

初めて飲むウイスキーにトリス、給料が上がったらホワイト、昇格したら角、
だんだんとお酒の味が分かるようになり、趣も出てきて自分を顧みるのも
味わいがあっていいものですね。

ありふれた話でしょ~? それでいいの 今は~♪




あわせて読みたい

【ケアンズ】潮風が吹き抜けるビール醸造所 Hemingway's Brewery

オーストラリアでお酒を買う時は、スーパーではなくボトルショップへ

【コンビニバー】ファミマ・ローソンの中に新感覚のバー お酒の美術館