【オーストラリアの野生の鳥】ピンクやレインボーでカラフルで高価

レインボー・ロリキート
レインボー・ロリキート


オーストラリアは鳥王国。

カラフルで珍しい野鳥や声の美しい鳥が、動物園に行かなくても
自宅の庭や公園、その辺で普通に観られます。

【街中で見られるオーストラリアの鳥】ランチを食べながらバードウォッチング

今日は、庭先で観た鳥をどうぞ。


PVアクセスランキング にほんブログ村

庭先で観た野生の鳥


最近、家によく遊びに来るのがこの3羽。
まだ、他にもいるのですが、なんせ動きが早くて写真に撮れない。

レインボー・ロリキート

レインボー・ロリキート
レインボー・ロリキート

英:Rainbow Lorikeet
日:ゴシキセイガイインコ

虹と名前が付けられるだけあって、赤橙黄緑青藍のカラフルな鳥。

木の花の蜜を食べにやってきます。
グループでやってくることが多く、彼らがやってくるとにぎやかになります。


日本でなんと1羽10~20万円で販売されています。

今日は100万円、

いやいや、5~6羽が遊びに来てくれました。




FFR
金のなる木よ。



ノイジー・マイナー

ノイジー・マイナー
ノイジー・マイナー

英:Noisy Miner
日:クロガオミツスイ


全体はグレーで頭と頬は黒、目の周りやくちばしが黄色。

これは、もし販売されてたら安いだろうなと
よこしまな考えで見ていたら


飛び立つ時、


おもいっきり大きなフンを飛ばして飛んでいきました(笑)


FFR
心が読めるのかw


カモメさん
鳥は賢いんだよ。


ガラー

ガラー

英:Galah
日:モモイロインコ

頭と腹部がピンク。

日本でペットとして人気で、インコと名の付くオウムの一種。
1羽40~50万円で販売されています。



FFR
フェンスの上に100万円。




近寄っても逃げません。幸先がいいぞ。

他国で高値で売られていると、つい計算してしまいますよね!?

カモメさん
しないだろ。


さいごに

オーストラリアの鳥の種類は多く、
他国で高値で販売されているような鳥がその辺にいます。

カラフルな鳥や鳴き声の綺麗な鳥、見ていて飽きません。

自由に飛び回る野生の鳥からしたら、

人間はなんて小さなケージに住んでいるんだ!?

と思っているかもしれませんね。





あわせて読みたい

【街中で見られるオーストラリアの鳥】ランチを食べながらバードウォッチング