日本生まれオーストラリア育ちのブロッコリーニ。

ブロッコリー二
ブロッコリーニ

ブロッコリーニ

ブロッコリーニは、ブロッコリーが上に伸びた感じの細長いもので
味がしっかりとして美味しい野菜です。

オーストラリアでは常時出回っている野菜で、焼くだけでもおしゃれに出来上がります。

私は、ブロッコリーよりもブロッコリーニの方が美味しくて好きでよく食べています。
1束2ドルでした。今日(2019年8月27日)のレートで、143.72円。

1ドル=71.86円 ←下がりすぎです(・´з`・)

ブロッコリー二
ブロッコリーニ

ブロッコリーニは、日本発祥の野菜

ところで、このブロッコリーニ、
日本発祥の野菜なんですね!

ブロッコリーニを開発したのは、日本の種苗メーカー、(株)サカタのタネである。開発を始めたのは約10年前のことだ。ブロッコリーは寒冷地で良く育つため、栽培できる場所と季節に限界がある。これを拡大しようと考えたのが最初のアイデアだ。引用:アメリカ流行情報


よくオーストラリアのレストランに行くと、メイン食材のサイドのわき役野菜として、
ブロッコリーニはでてきます。

スーパーでも売られていて、自宅で茹でてあるいは炒めるだけで十分美味しい野菜です。
日本生まれの海外育ち野菜ブロッコリーニ。美味しいのでぜひお試しください。

日本では、茎ブロッコリースティックセニョール と呼ばれているみたい。

ブロッコリーニの茹で方

  1. 鍋にたっぷりの湯をわかす。
  2. 沸騰したら塩を入れ、ブロッコリーニの茎から先に1分ほど茹で、つぼみの部分を入れて1分ゆでる。
  3. ザルにあげそのまま冷ます。
大きさによってゆで加減を調整してください。
水につけて冷ますとつぼみの中に水を含んで水っぽくなってしまいます。

茹ですぎない方が美味しいですよ~。

ブロッコリーニを使った簡単料理もどうぞ♪

海外で作る料理、えびと豆腐とブロッコリーニのあんかけ

ファームで働くワーキングホリデー

オーストラリアのブリスベンから西にある、ガトン(Gatton)は、
野菜や果物、酪農などが盛んな町。

世界中から来た多くのワーキングホリデーの人々が働いています。

ここでも、ブロッコリーニを作っています。

ファームで働くには

バンダバーグ オーストラリア サトウキビ畑
オーストラリア サトウキビ畑

ファームの仕事を見つけるには、

企業直接雇用か仕事を紹介してくれるコントラクター(斡旋業者)と呼ばれる人と契約します。

オーストラリア政府機関が仕事情報を提供するウェブサイト「jobactive」には、ファームでの仕事情報に特化したページ「Find harvest work」があります。

ファームジョブの求人情報、季節毎の収穫物の情報や地図、などの情報も載っていて、政府情報なので信頼度は高いと思います。

ファーム直接雇用なら、ガトン(Gatton)で有名なファーム会社は、

Rugby Farm(ラグビーファーム)  http://www.rugbyfarm.com.au/
Qualipac(クオリパック) http://qualipac.com.au/ 

などの会社が有名です。

コントラクター(斡旋業者)と契約するには、

農業のあるキャラバンパークやシェアハウスなどの宿泊施設で、コントラクターの連絡先をもらえることがあります。そこの宿泊施設ですでに働いている人もいるでしょう。情報を教えてもらいましょう。

バンダバーグ バックパッカー
バックパッカー

ファーム直接雇用で働く

メリット

  • 給料が良い。未払いや延滞なし。
  • 給料明細(Pay Slip)、雇用証明書(Form 1263)、所得税、スーパーアニュエーションあり。

     

オーストラリアの会社は、しっかりと労働基準を守るので働きやすいと思います。給料も良いのでワーキングホリデーの人達のあいだで人気のようです。

デメリット

  • 英語のスキルが必要
  • 仕事を見つけにくい
  • 移動に車が必要

いつ採用されるかは運。待たされる場合があります。

個人 対 会社なので、すべて自己責任で考え決めなければなりません。

コントラクター(斡旋業者)を通して働く

メリット

  • 仕事を紹介してもらえる。
  • 農家への送迎がある 。

デメリット

  • 紹介料を取られる。

中には、悪質なコントラクターもいるようです。

給料の支払いがされなかったり、面接のときの内容が英語だったのでよく理解せずにサインをして、泣き寝入りするしかなかったなどのトラブルもあるようです。

ファーム直接雇用とコントラクター どちらがいいのか?

英語力があっても仕事が見つけられないと困るし、どちらからの仕事も
人間関係や仕事によって、合う合わない、当たりハズレがあるかもしれません。

多くの人と情報を交換して収集し、働きやすい環境をみつけ楽しく働きたいものですね。

バンダバーグ さとうきびを運ぶ線路
オーストラリア さとうきびを運ぶ線路

さいごに

オーストラリアの農家は、海外からの労働力を必要としています。

広大な土地にできた豊富な農作物も、収穫期に収穫する人がいなければ、そのまま放置され、市場に出回りません。

外国人労働者の方が、頑張って収穫した新鮮な野菜や果物が、スーパーに並び今日もありがたく生活しています。

私も期間限定で働けるファームの仕事やってみたいな~。ダイエットにもなりそうだし。

 

FFR
虫さえでなければ。

 

カモメさん
アンタあまいわ。ムリっしょ。
バンダバーグ ファーム
オーストラリア ファーム