オーストラリア観光ビザ申請・取得方法。入国には事前にETASの取得が必要です。

シドニー
シドニー

オーストラリア入国には、ビザが必要です。

オーストラリア永住者やワーキングホリデービザなどの
なんらかのビザを持ってオーストラリアへ渡航する人はいいのですが、

オーストラリアのビザを持っていない人が
オーストラリアへの観光や短期滞在(3ヵ月以内)するには、

ETAS:イータス(Electronic Travel Authority System)
と呼ばれる電子渡航認証が必要です。

ETAとも呼ばれています。

ETA、ETASとは?

Electronic Travel Authority(ETA)は、オーストラリアへの渡航許可で、渡航者のパスポート情報で電子的に管理されています。
観光や、会議出席、調査、契約交渉などのビジネスを目的とした短期滞在が対象です。ETAは就労ビザではありません。
引用:オーストラリア政府ETAS公式サイト

このETASの事を知らずに航空チケットだけを買って、空港のチェックインカウンターで引き止められている人をみかけたこともあります。

ETA取得方法

観光や短期滞在でオーストラリアに入国する際は、
ETAS申請は必ずしておきましょう。

海外旅行はJTB!Web限定商品など、海外ツアー検索・予約が可能!

どのように申請するのか?

・旅行会社などの代行申請(6900円程度)
・自分でオンライン申請(A$20)

ETAS申請は旅行会社などの代行申請もあります。(6900円程度)

自分でオンライン申請をやってみようという方は、

オーストラリア政府移民局公式サイト(日本語)
A$20(システム利用手数料)だけで簡単に申請できます。

オーストラリア旅行前にすませておきましょう。

ETAオンライン申請に必要なもの

申請に必要なもの
・パスポート
・クレジットカード(ビザ申請料)
・Eメールアドレス

ウェブサイトでETAのオンライン申請をするには、

・現在オーストラリア国外にいること
以下の各国・地域のパスポートを所持していること

ブルネイ・ダルサラーム
カナダ
香港(SAR PRC)
日本
マレーシア
シンガポール
韓国
アメリカ合衆国

パスポートの記載内容を間違えると入国を拒否される可能性もあります。

心配な方は旅行会社やETAS申請代行会社に頼みましょうね。
(手数料6900円程度)

それでは、楽しいオーストラリア旅行を!

シドニー
シドニー

あわせて読みたい

【週末弾丸 海外旅行】オーストラリア・シドニー旅行プラン