ハーゲンダッツ華もち「吟撰きなこ黒みつ」アイスともちの和の味わいを食べてみました。

ハーゲンダッツ 華もち 吟撰きなこ 黒みつ
ハーゲンダッツ 華もち 吟撰きなこ 黒みつ

日本のスイーツは、最高に美味しいです。

コンビニデザートでもレベルが高く器を変えて高級レストランで出したら、誰も分からないんじゃない?と思うレベル。

ハーゲンダッツ「華もち」から、

「吟撰(ぎんせん)きなこ黒みつ」「ずんだ」
期間限定(2019年9月17日より)で販売されていました。

さっそく、コンビニで「吟撰きなこ黒みつ」価格319円(税込)を購入してみることにしました。

2015年 人気が出過ぎて一時休止なった「華もち」シリーズ

ハーゲンダッツの華もちと言えば、2015年2月24日に登場した新商品。

『きなこ黒みつ』 『みたらし胡桃』 の2種類が最初です。

「華もち」は、ハーゲンダッツの濃厚で滑らかなアイスクリームと柔らかなもちがぜいたくなハーモニーを織り成すアイスクリームデザートです。
引用:Haagen dazs

予想を大きく上回る売れ行きで、発売2日販売一時休止され、2015年12月8日より販売再開されました。

FFR
なんと!人気が出すぎて販売休止!

 

これからは、海外生活が長い私の感想です。

「吟撰(ぎんせん)きなこ黒みつ」

「吟撰きなこ黒みつ」は、

好評だったアイスクリーム「華もち きなこ黒みつ」(2015年、2017年)が進化したもので、

きなこの種類やブレンド方法をより「吟」味して、「撰」び、
きなこ本来の香りや味わいを存分に引き出したアイスクリーム。

さらにおいしくなっているんだそう。

ハーゲンダッツ 華もち 吟撰きなこ 黒みつ
ハーゲンダッツ 華もち 吟撰きなこ 黒みつ

深煎りきなこを使用して、より香ばしさを増した焦がしきなこを練りこんだアイスクリーム。

そのアイスクリームに濃厚で奥深いコクのある黒みつソースが入っています。

その上に柔らかなモチ。

モチが分からないくらい、きなこがふんだんにふりかけられています。

ハーゲンダッツ 華もち 吟撰きなこ 黒みつ
ハーゲンダッツ 華もち 吟撰きなこ 黒みつ

カロリー 234kcal

そして、おモチ

冷凍庫にはいっているのに、モチが軟らかいんです!すばらしい~!

スプーンを入れるときなこが飛び散りましたw おっとっと。

ハーゲンダッツ 華もち 吟撰きなこ 黒みつ
ハーゲンダッツ 華もち 吟撰きなこ 黒みつ

まだ、アイスクリームが硬かったようです。焦ってしまいました。

ゆっくりといただくことにしましょう。

海外にはないハーゲンダッツの味

このハーゲンダッツのアイスクリームは、

・日本人やアジアの国(食文化が同じ)
・日本の味を知っている人
・モチやきなこを知っている人、

にはウケると思います。

日本食に慣れない海外で販売されるとどうでしょう。

モチがだめ。
きなこがナニコレ?

海外でモチは好まれません。

ガムのような食感で、飲みこんでいいのか噛み続けるのか躊躇してしまうのです。

きなこもよく知られていない不思議な粉に見えます。

飛び散る茶色い木の粉のようで、なんだろうと思うでしょう。

海外で売ろうと思ったら、飛び散るなぞの深煎りきなこなしのモチなしで、
アイスクリームにきなこを練りこみ濃厚黒みつを合わせる

これだけで、ヒット商品、人気になるでしょうね~。

あ・・・。

でも、そんなややこしい 未知の味?は、あまりオーストラリア人には受け入れられないように思います。

オーストラリアのアイスクリームは、バニラ、チョコ、イチゴ、などの分かりやすい味、または、それらのアレンジぐらいしか種類がありません。見た目で想像できる味。

オーストラリアのハーゲンダッツもそうです。
日本のように次から次へと新しいフレーバーや流行りがありません。

たまに、オーストラリアで人気のConnoisseur(コノサー)のアイスクリームなどが、リミテッドエディションで変わったフレーバーを出したりしますが、すぐに消えていきます。抹茶にウエハースみたいなものが練りこまれた(普通は、あずきだろ~)西洋人が考えたようなアイスクリームもありました。

とにかく、オーストラリア人には、味が想像できて分かりやすいアイスクリームが好まれるようです。

でも、海外生活の長い日本人の私には美味しかった!

日本の食べ物は最高です!ごちそうさまでした~。