【年金】84%増やす戦略

2000円札
珍しいでしょ? 2000円札(裏)

年金制度改正法の記事を読みました。

年金改正で繰り下げ上限拡大 平均寿命90才時代のお得なもらい方は?
https://article.auone.jp/detail/1/3/6/198_6_r_20200725_1595642772346914

年金制度改正法

2022 年4月から適用される年金受給制度の改正らしく、

通常65歳でもらえる年金を、60歳~75歳の15年間の間で、いつ年金をもらい始めるのかを自分で選べるようになり、その受給年齢によって、減額、増額の率が変わるというものです。

繰り上げ受給とは

繰り上げ受給」は、年金受給を65才より前にして(60歳~65歳)、前倒しで年金をもらうこと。

メリット

早く年金が受け取れる。

デメリット

毎月の受給額は減額(1カ月ごと0.4%減額

繰り下げ受給とは

繰り下げ受給」は、年金受給を65才より後にして(65歳~75歳)、後ろ倒しで年金をもらうこと。

メリット

毎月の受給額は増額(1ヵ月ごとに0.7%増額

デメリット

そのころ生きていないかもしれない。

100円札
100円札(裏)

要するに、

通常65歳からもらえる年金を

・60歳から年金を受け取れば、24%減る。
・70歳から年金を受け取れば、42%増える。
・75歳から年金を受け取れば、84%増える。

・・・とのことです。

コアラさん
84%増える!

年金受給額

もらえる年金受給額はいくらになるのでしょう?

この表で見ると国民年金を満額で受け取る人の場合、
https://article.auone.jp/detail/1/3/6/198_6_r_20200725_1595642772346914

国民年金が月6万5000円、厚生年金平均が月16万円となっています。

ここにも年金受給額の平均が書いてありました。

厚生労働省が発表した令和2年度の国民年金から支給される老齢基礎年金は、20歳から60歳まで40年間保険料を支払った人で、1人1カ月6万5141円。また、厚生年金から夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額として22万724円。年金受給額の平均は?厚生年金と国民年金は月々いくらもらえる? より

計算しやすく、年金を月10万円もらえるとしましょう。年間120万円。

 

60歳から年金受け取りで75歳で死んでしまった場合、

120万円(年間)x15(年)x0.76(24%減)=1368万円もらって成仏します。

65歳から年金受け取りで75歳で死んでしまった場合、

120万円(年間)x10(年)=1200万円

ちょ、60歳からもらってる人より、168万円も少ないではないですか!成仏できません!

70歳から受け取り75歳で死んでしまった場合、

120万円(年間)x5(年)x1.42(42%増)=852万円

ええっ!60歳からもらっている人より、516万円も損してしまうではないですか!
呪ってやる!

75歳から受け取り75歳で死んでしまった場合、

120万円(年間)x0(年)x1.84(84%増)=0円 なし!

地縛霊決定!

仮に75歳からの受け取りで、75歳から6年がんばって生きながらえて、やっと81歳にして、60歳から年金をもらって75歳で死んだ人と同じ土俵にあがります。

120万円(年間)x6.2(年)x1.84=1368万円

500円札
500円札(裏)

さいごに

年金は、元気で長生きできる人にはおトクです。

でも、いつ死んでしまうのか、こればかりは誰にも分かりません。神のみぞ知る。

年金を75歳の84%増でもらいはじめて、

81歳をすぎても元気ならいいですが、そのころは寝たきりかもしれません。パジャマにエルメスのブランドなんていらないし。あるいは、もうこの世にいないかも。

長生きできる自信があるという方は75歳からの受取りで、81歳以上になるまでは絶対に死ねない覚悟で臨んでください。100歳越えまでピンピンして、ほくそ笑んでいるかもしれません。

私は、占いで85歳まで生きると言われたので84%増の年金が見込めますが、あの占い師は数字をよく間違えるので信用なりません。繰り上げで早くから確実に年金をもらって、元気なうちに使い果たして成仏して逝きたいと思います。おほほ。