QF26 カンタス航空 ビジネスクラス(羽田/シドニー)

(2017年3月搭乗)

通常の駐機場がなぜか使えなくて、貨物ターミナルに駐機した話です。

羽田発(22:00)シドニー行き(9:30 翌朝)(直行便)
カンタス航空(QF26)ビジネスクラス
機内食:夜食、朝食
所要時間:9時間30分

■ カンタス航空 機内食 ■

QF26 機内食

鯛のソテー

オーストラリア人は、肉ばかり食べているイメージがありますが、美味しい魚もたくさんあります。

鯛(タイ)は「Snapper(赤鯛 Red Snapper)」
赤鯛と黒鯛で呼び名が違います。黒鯛は「Black Bream」

Flight Record 11 (501-550)
2016年11月~2017年9月 搭乗記NoDateFlightFrom/ToClassAircraftComment5012016/11GK206NRT/KIXYA320ジェッ太のどら焼き5022016/12JL236OKJ/H...

肉だけではないオーストラリア

オーストラリアの肉は安いので、日本から来ると大きな肉を安く食べられるというのは魅力かもしれません。魚も新鮮で美味しいので、ぜひオーストラリアで試してみてください。SUSHIもオージーに大人気。

スーパーやフィッシュマーケットでよくみられる魚介類

「Prawn」海老(エビ)、小さい海老は「Shrimp」

「Cooked Prawn」は、すでに茹でてありそのまま食べられる海老でスーパーでもよくみられます。このCooked Prawnをパーティなどに持ち寄り、昼間からワインやビールで乾杯し、海老の殻を剥きながら食べておしゃべりするというのがオージー流。クリスマスの時期にも人気です。

その他、オーストラリアで人気の「Salmon」鮭(サケ)は、刺身にして食べたりします。脂がのって美味しい~。タスマニアン・アトランティック・サーモンが有名。

「Squid」烏賊(イカ)は、さくさくの衣で揚げたイカのフリッター「Calamari (カラマリ)」はオージーに人気

「Tuna」鮪(マグロ)、「Mackerel」鯖(サバ)、「Sardine」鰯(イワシ)、「Bonito」鰹(カツオ)、「King Fish」ヒラマサ、「Trout」鱒(マス)、「Trevally」鯵(アジ)、「Flounder」鮃(ヒラメ)、鰈(カレイ)、「Flathead」鯒(コチ)、「Garfish」細魚(サヨリ、「Rockfish」鮴(メバル)、「Whiting」鱚(キス)、「Herring」鰊(ニシン)、鰻のかば焼きとして売られている「Eel」うなぎ、「Octopus」タコ、スズキ目・アカメ科に属する魚の一種「Barramundi」バラマンディ、生で食べる美味しい「Oyster」牡蠣(カキ)、「Mussel」ムール貝、「Scallop」帆立貝。

私がオーストラリアで作るボンゴレパスタは、
ハマグリに似た貝「Pipi(ピピ貝)」「Cockle」を使っています。その辺の砂浜で取れます。

このほかにもまだまだあります。

オージービーフもいいけど、シーフードも美味しい。

シドニーで一番美味しいフィッシュ&チップス「Ocean Foods」
シドニーで一番美味しいと選ばれたドラモインのフィッシュ&チップス店へ行ってきました。シドニーフィッシュマーケットが選んだ最優秀シーフード賞です。店員の接客もフレンドリーでサービスも良く、衣もさっくさくで美味しかった~♪...

コメント

タイトルとURLをコピーしました