Frequent Flyer


HOMEFlight Record 13 > 621: NH879 ANA(羽田/シドニー)

 Haneda-Sydney (NH879)

ANA
NH879 機内食・搭乗記


羽田空港からオーストラリア シドニー空港へ向けて出発です。22:20羽田空港出発、翌朝、シドニー8:55到着予定のANA(NH879)機内食・搭乗記です。オーストラリア入国は、ワクチン接種証明書、デジタル旅客宣言(DPD:Digital Passenger Declaration)が必要でした。2022年6月搭乗時。(2022年7月6日より、オーストラリアは、新型コロナウイルスに関する入国制限を全て撤廃。渡航目的を問わずデジタル旅客宣言(DPD)の登録とワクチン接種証明書の提示不要。)

■ NH879 機内サービス ■


   【夕食】
前菜:ヘルシーサラダ/ほぐし鶏
小鉢:中巻き、枝豆
サラダ:ミックスサラダ、ドレッシング
ハンバーグドリア デミグラスソース
パン、バター
おつまみ
クラッカー、チーズ
ミネラルウォーター
デザート:ハーゲンダッツバニラ


夕食は2種類(ハンバーグドリア デミグラスソースか鶏てりやき金平丼)から選べました。ハンバーグドリアデミグラスソースにしました。日本の洋食といった味で美味しかったです。メインの食事のフタや容器は紙素材でできています。



夕食と同時に飲み物が出されました。日本のビール(ザ・プレミアムモルツ)にしました。ビールのつまみは機内食に付いていたクラッカーとチーズで。デザートは、カチコチに凍ったハーゲンダッツのアイスクリーム。食後のコーヒー、紅茶、緑茶サービスもありました。



   【朝食】
飲み物
サンドウィッチ
ヨーグルト
フルーツ
キットカット

シドニー到着1時間30分前に朝食が出されました。飛行機の型がかわいい箱に入っています。このサンドウィッチのパン(ANA自家製?)が美味しかった。カフェに出てくるようなサンドウィッチ。

 

青い箱がかわいい。朝食のカトラリーは木製でした。夕食は金属製カトラリー。(わりばし・爪楊枝付き)

食事前には毎回、紙おてふきが出されるのが日本ぽいサービス。



ANAロゴマーク入り おてふき




■ 羽田空港 ■



羽田空港

出国審査後の羽田空港のお店は、ほとんど閉まっていました。最後にここでお土産買って帰ろうと思ったのに(ショック)。 乗客もお店が開いていないので、暗い空港をさまよっていました。数か所だけ開いていたカフェや本屋さんは大人気で(ココしか開いてないから)行列ができていました。



■ NH879 搭乗記 ■

・・・今回乗ったB787-9 ・・・





隣にスターウォーズジェットが駐機していました。
今回乗る飛行機は、特別塗装機スターウォーズジェットではありませんでした。(残念)

優先搭乗(小さなお子さま連れ、お手伝いが必要な方、上級会員)から搭乗し、一般搭乗は窓側席、中央席、通路側席の順に搭乗していました。グループ番号があり順番に呼び出され搭乗します。


・・・機内の様子・・・


ANA B787-9

7割ぐらいの搭乗率。3-3-3の並び席は、隣に人が座らないように空席が設けられていました。毎回このくらいの間隔をあけて座れるならエコノミーも快適にすごせるな〜。

搭乗してから、オーストラリア入国カード(日本語)、紙おてふきが手渡されます。

シートは、薄型タッチパネル式液晶モニター装備。座席もスリム化され、広がりのある空間となっています。枕と毛布が用意され、シートの下には、ユニバーサルタイプのPC電源付き。足を置けるフットレストも付いています。

USBポート、オーディオジャックは液晶モニター下部にあり、暗闇でも光らせることができます。ヘッドレストは、上下に調節ができます。


・・・シートポケットにあるもの・・・


 

紙袋、ヘッドフォン、安全カード。機内誌はなく、座席前のモニターや自分の端末で見るようになっています。映画ノイズ(←感想はコチラ)を観ました。薄型タッチパネル式液晶モニターは、コントローラーも装備されています。

機内はとても静かで誰も話さず、寝ている人が多かったです。



・・・トイレ・・・



シャワートイレ。これを使いこなせるオーストラリア人はいるのだろうか?(笑)
タッチレスで手をかざせば、自動でトイレのフタが閉まり流れます。



・・・ ANA Future Promise ・・・




残渣(ざんさ)由来の堆肥を使用して育てたケールが入ったサラダ

ANA機内食工場は、機内食調理時に出た食品残渣(ざんさ)を100%リサイクルし堆肥や飼料にしています。成田工場で発生した調理残渣由来の堆肥を使用して育てたケールを国際線のエコノミークラスのサラダに加えています。

ANAの機内食のサラダに入っているケールは"ソフトケール"と呼ばれ、高い栄養価があり通常のケールよりもやわらかく苦みが少なく、生で美味しく食べられることが特徴。


シドニー空港上空




ANAの飛行ルートモニターは何種類もあって本格的で見ていて飽きません。
窓の外はオーストラリアの青い空!

・・・ シドニー空港到着 ・・・




ただいま〜、シドニー。オーストラリアの青い空を見ると帰ってきた〜という感じになります。朝のシドニー空港は混んでいて、本来駐機する予定の場所が空いておらず、しばらく待つことになりました。長いタキシングとなりましたが、多くの飛行機の離発着を見ることができて楽しかったわ。


<<620:伊丹/羽田(NH26)ANA 機内食・搭乗記
622:シドニー/ゴールドコースト(QF1770)カンタスリンク 機内食・搭乗記>>

HOME

UP






PVアクセスランキング にほんブログ村