| HOME | Flight Record 4 | 旅行記 | ホテル宿泊記 | 日豪ライフ |


 Itami-Chitose

伊丹発新千歳行き日本航空(JL2001)エコノミークラスです。オーストラリア人に大人気のスキー場、ニセコ。やっぱり、日本のスキー場は、最高でしょう!設備は整っているし、温泉もあるし、食べ物は美味しい。それに、オーストラリアに比べると安い!不動産に投資するオージー投資家も多い。ブームなので私もニセコに行ってみました。わ〜い♪



■ 飲み物サービス ■

・スカイタイム
・アップルジュース
・オレンジジュース
・コカ・コーラ
・冷緑茶 一(はじめ)
・ミネラルウォーター
・コーヒー
・紅茶
・緑茶
・コンソメスープ 

の中から 

コーヒーにしてみました。





■ 今回乗る B747-400 ■

新千歳空港が雪で閉鎖。空での待機に備えて余分の燃料を補給するため、
出発が遅れるとのアナウンスがあった。10分遅れで出発。



JALの隣に駐機していたANA、国際線就航20周年のロゴがついていた。
2006年3月3日、国際線定期便就航20周年なんだそうだ。
(1986年3月3日、東京=グアム線就航)ANA利用者が多いような気がする!?





・・・ 機内の様子 ・・・

3−4−3の並びのエコノミー席。
カップルは3席を2人で使わせてもらっている人が多く席に余裕があった。




・・・ シートポケットには ・・・

機内誌SKYWARD、ショッピングカタログJAL SHOP、屑物入れ、安全のしおり、ヘッドホンとキャンペーンの用紙が入っていました。



冬のホットなキャンペーン




2005年12月1日〜2006年3月31日(搭乗便出発日)
「国内線も、国際線も、マイルが2倍!」キャンペーン。

また2006年2月1日〜3月31日、
「国内線も、国際線も、もれなくお得なサービス!」

搭乗半券2枚を専門用紙に貼って対象店舗に持っていくと、
割引のある特典(京樽、SHIDAX、NAILSTATION、ミスタードーナッツ、ラフィネ、ロイヤルホスト、BLUE SKY)が受けられるというもの。



結局、伊丹空港で予想されたように新千歳空港は雪で閉鎖。
上空待機となり、1時間も青森の上空で待機。下は雲で何も見えない空をぐるぐると旋回。






機内にあったポストカード


その間、客室乗務員は2度目のドリンクサービスを乗客に。キャンディーも配られました。
機内は揺れもせず、話し声もせず、とーっても静か。
仕事で遅れる人は大変だなと思っていたけど、サラリーマンはほとんど乗っていないからのんびりでいいみたい!?



コーヒーに付いてくるマドラーは、カップに固定されるようになっている。


この飛行機には『花』をコンセプトとした女性優先化粧室「フローラルルーム」がありました♪



でも、日本エアシステム(JAS)のような化粧室ではなかった・・・。普通とあまり変わらない。
女性用品が引き出しにあり、トイレットペーパーがお花模様だけ。
より優しくより快適な空間を提供といっても、機体の一番後ろにあり使いにくいしJASに比べると狭い。なーんだ。がっかり。


・・・ 新千歳空港到着 ・・・



さすが、雪国!スキー板を立てる台まで用意されている。
飛行機の遅延に慣れているのか、地上スタッフの案内も良く、予約していたバス(ホワイトライナー)も問題なく乗ることができた。
北海道の道路は雪が積もると道が分からなくなるので、上に矢印がついている!


■ ホテル日航アンヌプリ ■

〒048-1511 北海道虻田郡ニセコ町ニセコ480-1



ニセコアンヌプリ国際スキー場ゲレンデ内にあるホテルなのでホテルから出て、すぐ滑ることができるのが嬉しい。

羊蹄山の眺めも美しい。また、ニセコ温泉湯巡りバスもでているので、温泉のハシゴをすることもできる。
やっぱり、オージーもたくさんいた(笑)部屋の窓からは毎朝毎晩、キタキツネを見ることができた。
よく出てくるらしく部屋の案内に「ぼくからのお願い」用紙がありました。
オーストラリアだったら、食べ物はダメというのをよく見るけど、日本はさわっちゃダメになるのね。




あ〜楽しかった!!また行きたい!




HOME